« 力士たちのこれから | トップページ | 「がんばって」ということば »

2011年3月27日 (日)

菅さん原発対策大臣は

毎日垂れ流しになっている放射線。

一刻も早く原発の処分の方針を決めて手を打つ必要があります。

しかしながら政治家はなにをしているのでしょう。

菅総理は臨界状態という言葉すら知らないらしい。有名な工業大学を卒業されてるにもかかわらず。核燃料サイクルの知識なんか、菅さんの学力なら30分あれば理解できるはずです。

枝野さん。理系か文系かは存じませんが、ただ与えられた文書を読み上げているだけで、なんの指導もできていません。

現時点でも重要なことが報告されていない事例があとから確認されています。把握しているが、次から次へと事態が変化している為、発表のタイミングがはかれないのか、あるいは発表できないような重大な事態になっているのかも知れません。

このまま、従来よりデータの改ざん、隠蔽を続けてきた東電にまかせておくと、とんでもんないことになる可能性があります。

TVでは相変らず、原発推進派の学識者が、ほうれん草は生で食べても大丈夫なレベルだと言い始めました。もういい加減に電力会社の肩を持つのはやめて、受け取るお金も返して、本当のことをいったらどうでしょうか。それこそが科学者の良識だと思います。

安全だと自信をもって言えるのなら、TVカメラの前でほうれん草を食べてからにしてもらいたいものです。

ここで提案。原発処理担当大臣には、共産党の吉井英勝議員を抜擢してはどうでしょう。

京都大学工学部原子核工学科卒、もちろん携帯で不正をすることもなく堂々と入学されている方です。

過去、国会で原発の安全性に関して質問をした経歴あり。その内容は今回の事態をずばり予見した内容です。つまり電力会社の技術者と同等の知識をもち、尚且つ電力会社とは独立した立場です。

ネットで「原発安全性国会質問」で検索すると質疑内容がすぐに出てきます。

こう言う方に中立で冷静な判断を下してもらわないと、最終的に日本は全国民国外退去の事態になるかもしれません。

菅さんどうです、あなたこれぐらいやらないとダメですよ。

それから、事態が沈静化したあと、根拠もなく金儲けのために、原発を推進した企業、議員、政党はそれなりの反省と今後の取組を発表すべきでしょう。

メデイア。当時この国会質問を報道することなく、現在でも、過去こんな質問があったと報道しているメディアはありません。

電力会社から広告収入をもらってれば、報道なんかできるわけないでしょうが、メディアも自己反省が必要です。

正論ばかり吐いて嫌われている政党。しかしながらなんでもかんでも金もうけで、「正論じゃなく金だよ」で推進してきた人達。現在でもまだ懲りていないようです。

ものごとにはなあなあでなく、真剣に正論で取組まなければならない重要案件があるということを国民全体が知ることができるような世論構築、報道が望まれています。

« 力士たちのこれから | トップページ | 「がんばって」ということば »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/39384334

この記事へのトラックバック一覧です: 菅さん原発対策大臣は:

« 力士たちのこれから | トップページ | 「がんばって」ということば »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ