« 原子力発電所② | トップページ | メディアの役割 »

2011年3月16日 (水)

原子力発電所③

ともあれ、現在の原発に対し最悪の事態を避けなければならない。

現場の作業員は放射能の中、必死の覚悟で対応作業に従事している。

 菅総理が東電に乗り込んで真っ先に「撤退はありえない」と釘を刺したとか。これには伏線があり、東電が原発から作業員を撤退させようと考えていると言う情報が、総理の耳に事前に入ったらしい。本当だろうか。

 電力会社の原発関連に対する隠蔽体質は昔から変わらない。何しろ少しでも不具合があると安全なんか嘘じゃないかと周囲から突き上げられるし、報告なんかしたくなくなるのは人間心理として理解できなくもない。だが望ましい体質ではない。

 さて最悪の事態回避策である。米国、ロシアの経験ある技術者の意見を参考に、あらゆる

発生可能性のある危険事態をとりあげること。この手法をFTA(フェイリュア・トゥリー・アナライシス:失敗原因、追跡、分析法とでもいうべきか)という。

 放射能が飛び散るのはどういった原因があるか→3つの原因があればさらにそれらが、どういう状態で発生する可能性があるのか→考えられる原因にすべて手を打つ。

これらは、使用後にプールしてある核燃料の扱いや、すでにコンクリ-トで固めて地中に埋めてある使用後の燃料も含めてです。今回の地震でこれが壊れて地中に露出していないか心配です。

これらを考える部隊と対策実戦部隊(人が足らなければ、さらに社員をつぎ込むこと)を緊急に構築して実践すること。

 本来東電にはアドバイザーある、リスク担当コンサルタントがいるはずです。

東電、アドバイザー、諸外国技術者、通訳。これらがタッグを組むこと。

それから広報担当。上記の対策とモニタリングしている数値の途中経過を分かりやすく報告すること。これも重要な部門です。

 ここは優秀な社員が集まってる電力会社として動いて欲しい。私なんか学生時代、電力会社の入社試験をうけることさえ、無理だからやめとけと教授に言われたクチです。

がんばれ東電。

« 原子力発電所② | トップページ | メディアの役割 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/39246198

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力発電所③:

« 原子力発電所② | トップページ | メディアの役割 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ