« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

OPTに求めるもの

私の2WAYマルチのアンプ構成は、低音用に①EL34パラPPモノラルを左右1台づつ。

高域は②EL34のPPでこれは左右を1シャーシに組んでいます。

①は実行出力83WでOPTはハットオーディオのHO-90-2.5(特注)、②は出力28WでOPTはパートリッジの50W容量のものです。

昨日ふと思いついて、低高のアンプを入れ変えてみました。

今まで600Hz以下の信号しか通していなかった①のOPTがどんな音を聞かせてくれるか。

②のパートリッジがどんな低音を聞かせてくれるか。

結果はあっと驚くものでした。

 中高域のクリアさ、レンジの広さに驚きました。特に録音のよいジャズでハットのトランスは

突然無音からシンバルが鳴り出すようすがくっきりと分かります。今まで、パートリッジはこんな音を再生してくれませんでした。ずっと損をしていたような気分です。

一方の低音、今までのハットは起重機を使ってスマートに重たい音をらくらくと処理している感じでした。ところがパートリッジは地に足が着いたようなどっしりした音です。

ううむ。パートリッジの取り得は、ヨーロッパの香りがする音色でした。この音に惚れて今まで使っていましたが、マルチに入れるとそれが、薄らいでひたすら役割をこなすことを要求されるようで、香りは薄らいでいました。

ここでの結論

1.OPTは音色を楽しむならビンテージで結構、その代わりレンジの広さは期待しないこと。マルチに入れないこと。カマボコ型でもOK。中域を楽しむこと。

2.ハイエンドの音、録音のよさを十分に楽しむなら、ハットオーディオのような近代設計のOPTを起用すること。とくにハットのものは安価です。合わせカバー型で90W容量のものが17000円です。これは他者の同レベルの製品のほぼ半額だと思います。

さあここで困りました。音色観賞用のビンテージOPTをマルチからはずすか、このままで、3WAY化をはかるか、高域用にもう一台アンプとツィーターを追加して、ビンテージOPTは8KHzまでの駆動にとどめておくか。

とりあえず、交換した高低のアンプはもとに戻すのかどうか考えています。

2011年3月30日 (水)

非核四原則

非核三原則:核は持たない、作らない、持ち込ませない

このうち「持ち込ませない」は守られていない。米軍が戦艦に積んで日本に寄港しているから。

これら三原則は各自治体の議会で採択されています。もう一度三原則の堅持を確認することが必要です。

そしてさらには、もうひとつの原則を加えるべきです。

「エネルギー利用しない」です。

これを加えて、

非核四原則:核は持たない、作らない、持ち込ませない、エネルギー利用しない

これをまた、全国自治体で採択してはどうでしょうか。

2011年3月29日 (火)

「がんばって」ということば

被災された方や重い病気にかかっている方に、「がんばって」というのは

やはりおかしいです。

 何をがんばれというのか、具体的にじゃあどんな行動を取れというのか、よくわかりません。

精神的に折れそうになっても一生懸命耐えている状態を「がんばってる」状態というのなら、すでに頑張っている方に「がんばれ」というのはどうかなと思います。

がんばっての言葉でなく、「私にできることがあったら言って」が一番心が助かると、聞いたことがあります。

日本人全員には「がんばろう日本」でいいかもしれません。

でも直接難儀されている方には「私にできることがあったら言って」とか「必要なものがあったら言って」がいいかもしれません。

2011年3月27日 (日)

菅さん原発対策大臣は

毎日垂れ流しになっている放射線。

一刻も早く原発の処分の方針を決めて手を打つ必要があります。

しかしながら政治家はなにをしているのでしょう。

菅総理は臨界状態という言葉すら知らないらしい。有名な工業大学を卒業されてるにもかかわらず。核燃料サイクルの知識なんか、菅さんの学力なら30分あれば理解できるはずです。

枝野さん。理系か文系かは存じませんが、ただ与えられた文書を読み上げているだけで、なんの指導もできていません。

現時点でも重要なことが報告されていない事例があとから確認されています。把握しているが、次から次へと事態が変化している為、発表のタイミングがはかれないのか、あるいは発表できないような重大な事態になっているのかも知れません。

このまま、従来よりデータの改ざん、隠蔽を続けてきた東電にまかせておくと、とんでもんないことになる可能性があります。

TVでは相変らず、原発推進派の学識者が、ほうれん草は生で食べても大丈夫なレベルだと言い始めました。もういい加減に電力会社の肩を持つのはやめて、受け取るお金も返して、本当のことをいったらどうでしょうか。それこそが科学者の良識だと思います。

安全だと自信をもって言えるのなら、TVカメラの前でほうれん草を食べてからにしてもらいたいものです。

ここで提案。原発処理担当大臣には、共産党の吉井英勝議員を抜擢してはどうでしょう。

京都大学工学部原子核工学科卒、もちろん携帯で不正をすることもなく堂々と入学されている方です。

過去、国会で原発の安全性に関して質問をした経歴あり。その内容は今回の事態をずばり予見した内容です。つまり電力会社の技術者と同等の知識をもち、尚且つ電力会社とは独立した立場です。

ネットで「原発安全性国会質問」で検索すると質疑内容がすぐに出てきます。

こう言う方に中立で冷静な判断を下してもらわないと、最終的に日本は全国民国外退去の事態になるかもしれません。

菅さんどうです、あなたこれぐらいやらないとダメですよ。

それから、事態が沈静化したあと、根拠もなく金儲けのために、原発を推進した企業、議員、政党はそれなりの反省と今後の取組を発表すべきでしょう。

メデイア。当時この国会質問を報道することなく、現在でも、過去こんな質問があったと報道しているメディアはありません。

電力会社から広告収入をもらってれば、報道なんかできるわけないでしょうが、メディアも自己反省が必要です。

正論ばかり吐いて嫌われている政党。しかしながらなんでもかんでも金もうけで、「正論じゃなく金だよ」で推進してきた人達。現在でもまだ懲りていないようです。

ものごとにはなあなあでなく、真剣に正論で取組まなければならない重要案件があるということを国民全体が知ることができるような世論構築、報道が望まれています。

力士たちのこれから

どうやら2010年5月場所の開催は見送られるようです。開催するにしても料金をとらずに技能審査の見極めを一般に公開する形、だとか。よくわかりませんが、本場所ではないようです。

私が相撲部屋の親方ならこうします。まず相撲協会から脱退。部屋をひとつの興業主として会社にします。

 つまり新日本プロレスと同じ位置づけ。

次に各地の興業屋(呼びや)と提携し、年度ごとの興業スケジュールを立て、各地を回ります。一部屋30人もいれば、興業時間も、工夫すればもつでしょう。

地元の力自慢飛び入りも歓迎。ガチンコで力士と勝負させるのです。

スポーツではありません、ショウです。相撲は神代の時代から儀式であり、人々に見せるものでした。ルールを作って本気でやっていたら骨折、打撲などのけが人が続出するのは当たり前です。なにしろ巨漢の男同士が、ものすごい力とスピードで体を衝突させるのですから。

お客さんは大きな力士たちの姿、まげ、びんつけ油の匂いを鑑賞しにくるのです。ぶつかり合いはその次の位置づけ、ほどほどでいいのです。

 これでいきましょう。現役時代八百長の限りを尽くしていた親方達、悪事がばれないうちに急いで次のことを考えましょう。

2011年3月26日 (土)

原子力発電所⑤ 全国の原発は…

全国にある原発は嘘や改ざんのないデータをすべてそろえること。

共産党の吉井英勝議員は、全国の原発をまわってそのデータを確認し、問題点を個別に指摘し、本当に安全を確保するのに必要な緊急事態想定テストの実施を提起してほしい。

出された指摘に対し、政府と電力会社は誠実にそれを実行すること。その結果として安全と確認できるまではどの原発も順次停止していくこと。

 これ絶対そうしてほしい。小泉元総理は行革で、四国多度津にある、原発用の耐震試験機を廃棄してしまいました。国会で彼はコンピュータなどで安全はシミュレーションされており、試験に関する金はムダで廃止、と答弁しました。

この試験などの管理実施費用は十億円/年だったそうですが、毎年立地された地元に支給されていた、数千億円にくらべれば微々たるものだったそうです。

 過去の政府与党のやってきたこと。電力会社に気を遣って(広告料をもらってた)メディアは原発の危険性のきの字も報道しなかったことはどう償われるのでしょうか。

小泉さんはこのこと以外にもひどいことをたくさんしましたがなぜ刑罰が課されないのか不思議です。

追記:原子力発電所④の記事を書いたのですが、アップに失敗しました。

 内容は、今回の原発事故の可能性を日本共産党の吉井英勝議員が5年前、国会でまったくドンピシャリの内容で指摘したが、時の政府は「安全だ」と回答したというものです。

今時点なら私は政府と電力会社より共産党を信じる、という趣旨でした。

2011年3月25日 (金)

宍戸公一さん

アンプ製作者で本を書いているかたは結構多いです。

パターンとしては製作報告書(当然といえば当然ですが)をいくつか集めて、本にしている形が主流です。

個々の内容ですが、最後はデータをまとめて、試聴の感想で終了というのがよく見られるパターンです。

 試聴記事も、個人的意見は客観性を欠くとのお断りのあと、感覚的な表現で終わるパターン。当然音を否定的に表現はせず、満足の行く結果で終わっています。

数ある著書の中で、参考になるのが宍戸公一さんの「送信管によるシングルアンプ製作集」です。

この本はただの制作レポートに終わらず、製作途中、あるいは製作後にも実施した、こまかなテスト(推論、実験、観察、結論)の報告がなされています。

 これはアマチュアにとっても参考になりますし、何としても音のグレードを上げてやろうという、筆者の気概が表れています。

その試行錯誤から得られることが多いのです。しかも正直に、我々アマチュアと目線が同じなのが嬉しい。電子工作の分野では本多平八郎さんもそういう方です。

 残念ながら宍戸氏は既に故人です。ある年のオーディオ関係の集まり(宴会)のあと、帰宅途中に亡くなられたことを記憶しています。

 今の筆者にお願いしたいことは、いいことだけの結果報告じゃなく、苦労話も記事に入れて欲しいということなのです。それこそがアマチュアの要望なのです。

2011年3月23日 (水)

廃炉を急げ

福島原発は放射能の爆発に伴う飛散を避けながら、廃炉にすべきです。

どんどん放射能被害が拡大しています。直ちに人体には影響がないかも知れませんが、農産物、海産物、畜産物、土、水、人の口に入るものがどんどん放射能を浴びています。

すでに農業、漁業への損失も甚大化しています。

 ただちに炉を廃棄して、今後のことを話し合うべきです。

 地震の多い島国である日本では、原発はそぐわないと思います。全国の原発も考え直すべきです。

リスクが多すぎます。原発推進派だった学識者も、そろそろ正直に危険であることを発言すべきです。それこそが科学者の良心です。

推進に向かって動いた方々も、この機会に自分の考えを再考すべきです。目の前のお金で推進派にまわったことを反省して欲しいのです。

 この状況を放置していると関東から人がいなくなる可能性も出てきます。政府・東電は賢明な決断を急ぐべきです。

2011年3月22日 (火)

浅野勇さんの本

浅野さんの書かれた2冊の本。「魅惑の真空管アンプ」

この2冊を通してわかったこと。

まず浅野さんはシリコンダイオードで整流しない。出力管にはその女房というべき整流管が必ずある。これを使うべし。

固定バイアス回路は使わない。全てカソードバイアス回路である。しかも出力管は規格の内側で使用し、寿命を延ばすこと。

好きな球は45や42、そして300B、50。しかしながら米国球よりヨーロッパ球のほうが好き。

タムラやラックスのトランスに付いているラベルは邪魔だ。剥がしてしまうこと、さらにトランスを塗装すべし。

ペーストをたっぷり使って半田付けすべし。うまくいったら「ざまあみやがれ」と言うべし。

球の規格や動作条件、グラフは暗記すると楽だ。

シャーシはチョコレート色が好きだ。

シャーシはガランとさせ、部品と最低限のコードで引き回すべし。

配線コードは紐で結束すべし。

カッコつけよう。お洒落にしよう。粋に生きよう。

そして球にも人にも優しくしよう。

生きてらしたら87歳かな。お元気なときにお声を聴きたかった。

2011年3月20日 (日)

UZ42バンタム級アンプ

秋葉原界隈をこつこつと歩きまわって、買いだめしていたフィルコのUZ42。

これをA1級PPで鳴らしたいとずっと思っていました。そのための整流管5V4Gも中古で用意していました。

なにより入手が必要だったのが、200mA程度の容量の電源トランス。

オークションで安く落札できました。塗装の剥がれや、キズなんか気にしません。再塗装しますから。逆に外観の程度が悪いほど、低入札金額になりそうで大歓迎です。

そしてOPTは春日無線の10W8KΩ容量のバンド型のものを、中国製のケースに入れたものです。

ずらっと並べてみました。シャーシの木枠は随分前に切断、接着,塗装したもの。結構キズがはいったので、今回ピアノ風の光沢黒に塗装しようかと思っています。

木枠の内側にアルミのL型アングルを4辺、ネジ止めして、シャーシ天板を固定しようかと。

さて写真をご覧ください。なんだか真空管の大先達、浅野勇さんが喜びそうなデザインになりました。

 横一列に勢ぞろい。UZソケットは昔のラジオから取ったものです。どことなく味があります。

前段は球を使うスペースがなく、電圧増幅段は半導体でいこうかと。

でも、時間がないのです。これが問題。

Img_1551

2011年3月19日 (土)

供給責任

自動車メーカーに部品を納めてる会社は供給責任を負っています。

決められた単価、決められた納期、この納期が小刻みで、何時何分にどこどこの工場にトラックを着けること、という形での取引になります。

これは自動車メーカーが部品の在庫を持つことを止めた為、部品メーカーにジャスト・イン・タイムを要求し、納入された直後にそれを使うという方法を取っている為です。

部品メーカーはきちんとそれを守っています。もし納期を守れなかったらどうなるか。

部品がないとラインが止まってしまいます。絶対ラインを止めるな、が至上命令になっている業界です。そんな状況でラインを止めると、生産台数がダイレクトにマイナスしてしまいます。

部品メーカーには、ラインストップの責任で多大なるペナルティー(罰金)が課されます。

1個あたり100円の部品でも、それが1000個納期遅延するだけで、〇〇百万円というペナルティーが課される可能性もあるわけです。

もしそうなると利益もへったくれもありません。それだけラインを止めないということは重要なことなのです。

 一方の電力会社。海っぱたに作った原発が津波を浴びて、送電を止めてしまいました。

電気の3割近くを供給していた原発が止まったことにより、関東は計画停電を余儀なくされました。

その影響を受け、工場はダメージはないが、電気がないだけで、操業を止めた自動車メーカーがあります。

 このラインストップの賠償金は東京電力が支払うのでしょうか。それとも異常事態だという理由で責任なしなのでしょうか。他にもたくさんの企業が操業停止を余儀なくされています。

私は電力会社も供給責任があると考えています。それらを考慮した上での、原発推進だと思うのです。

2011年3月18日 (金)

石原さん

彼は結局都知事戦にでるそうですね。

その目的、理由はなんでしょうか。よくよく考えた結論は名誉欲なのではないかなと。注目されていたい。権力を使いたい。人と会ったときに、上から目線でいたい。

そんなところかなと思っています。過去の実績からみると、よいこともしたのでしょうけど、素人のくせに変な銀行を立ち上げて、つぶれかかったところで、まだ莫大な税金を投入するなど、正気の沙汰ではなかったですわね。

言いだしっぺは途中で、おかしいと思っても絶対、方針変更しませんわな。なにせ失敗を認めたくないから。意固地な年寄りの意向を通してると回りが本当に迷惑ですわな。

 しかしながら彼の最近の言葉で興味が湧いたのがあるのですわな。

「今回の地震、津波は天罰だ」

これ、当然メディアは叩きますわの。災害で亡くなった方々に天罰が下ったのか、そんな言い方は許せないと。

 これは石原さんの表現の失敗ですわに。本来彼はこう言うべきではなかったか。

「今回の地震、津波の災害は、私を含めて、なんでもかんでも便利・快適さの上のあぐらをかいて、資源のありがたさや自然のありようを顧みない日本人に対する警鐘ではないかと思います」

 このような国語もあやしくなったお年寄りにまだやらせるのでしょうか。悲しいかないまだに

「裕ちゃんのお兄さん、票入れるから」と裕ちゃん(斉藤ゆうちゃんではありません)がらみで応援している70歳前後のご婦人層も厚いですわね。

 個人j的には神奈川県知事にやってもらったほうがまだましだと思いますわな。意固地でもや名誉欲もなさそうだし。

 東国原さん?ううーん、もう、ちょっとね。知名度に頼った芸能政治家はね。行動力はあるのでしょうけど、天下取ゲームの要素を感じてしまいますわな。

彼の周辺の古臭い芸人が親分面してでしゃばってくるのも、もうちょっといいかなですわな。

 くいもんやの元締め、か。はぁ。

パーツの起用で迷います。

カップリングコンデンサ。市販品は百花繚乱。

米国製の〇〇は元気がよくて、欧州ドイツのい△△はしっとり落ち着いて、国産の××は情報量が多くニュートラル。

こんなうたい文句ばかり聞かせられると迷うのも当然です。

ある物は400円、ある物は2000円。

 ここはやはり2000円のものを使わないと、400円の物とは、雲泥の差の音がするのではないか、と不安になるのは当然です。

 抵抗にしてもそう。1本30円のキンピと200円のリケノームでは、雲泥の差がでるのではないかと。

私の結論をいいますと。たいした差は出ません。

 但し、コンデンサの場合、400円のASC2000円のスプラグビタミンQでもはっきりその差はでません。注意して、耳をベストコンディションの状態で、さあこいで聞き比べて、やっとその差がわかるくらい。これとてもかすかな感覚です

 普段は、部品の音色より音楽を聞いてるわけですから、部品ごとの音色差なんて意識していません。

 よって、業界である程度実績のあるASCはお買い得だと思います。

抵抗にしてもしかり。30円のフィリップスのキンピはお買い得。逆にリケノームを使うなら、全てリケノームにして、その音色を楽しむべきです。それはその目的を持った方がそうすればよいこと。

そこまでやる意志がなければ30円で十分。

結論として部品の選択は悩むほど差がでないと思います。

高価なものを使ったから安心だとお考えの方はそれはそれでOKだと思います。否定はしません。

2011年3月16日 (水)

メディアの役割

震災の報道をみて感心したことがある。

被災者の無事連絡をTVで次々と報道していること。これについては、

①各避難所に無事でいる人達の名前を避難所責任者にリスト化していただき、これをどんどん報道してほしい。

②救援物資の配給・救援の本部、各地にバラけているなら、各地に報道が張り付く。

 各避難所を取材で訪問したなら、現地で必要なもの、緊急医療の必要な人、これらを情報伝達の機動性を生かして、配給・救援本部に連絡して欲しい。

 そして全ての避難所、物資が配給されている避難所、配給物、まだ必要とされている物資をリストにして報道してはどうか。遠方のご家族も安心されると思う。

 

がれきを取り除いて、通行可になった避難所は報道しないほうがよい。かえって個人が入り込もうとして混乱が予想されるから。

メディアの判断、脚色が入らない、純粋な報道を役立てて欲しい。

 

原子力発電所③

ともあれ、現在の原発に対し最悪の事態を避けなければならない。

現場の作業員は放射能の中、必死の覚悟で対応作業に従事している。

 菅総理が東電に乗り込んで真っ先に「撤退はありえない」と釘を刺したとか。これには伏線があり、東電が原発から作業員を撤退させようと考えていると言う情報が、総理の耳に事前に入ったらしい。本当だろうか。

 電力会社の原発関連に対する隠蔽体質は昔から変わらない。何しろ少しでも不具合があると安全なんか嘘じゃないかと周囲から突き上げられるし、報告なんかしたくなくなるのは人間心理として理解できなくもない。だが望ましい体質ではない。

 さて最悪の事態回避策である。米国、ロシアの経験ある技術者の意見を参考に、あらゆる

発生可能性のある危険事態をとりあげること。この手法をFTA(フェイリュア・トゥリー・アナライシス:失敗原因、追跡、分析法とでもいうべきか)という。

 放射能が飛び散るのはどういった原因があるか→3つの原因があればさらにそれらが、どういう状態で発生する可能性があるのか→考えられる原因にすべて手を打つ。

これらは、使用後にプールしてある核燃料の扱いや、すでにコンクリ-トで固めて地中に埋めてある使用後の燃料も含めてです。今回の地震でこれが壊れて地中に露出していないか心配です。

これらを考える部隊と対策実戦部隊(人が足らなければ、さらに社員をつぎ込むこと)を緊急に構築して実践すること。

 本来東電にはアドバイザーある、リスク担当コンサルタントがいるはずです。

東電、アドバイザー、諸外国技術者、通訳。これらがタッグを組むこと。

それから広報担当。上記の対策とモニタリングしている数値の途中経過を分かりやすく報告すること。これも重要な部門です。

 ここは優秀な社員が集まってる電力会社として動いて欲しい。私なんか学生時代、電力会社の入社試験をうけることさえ、無理だからやめとけと教授に言われたクチです。

がんばれ東電。

2011年3月15日 (火)

原子力発電所②

福島原子力発電所が3月15日になって、危険な状態が進行しています。

今朝の新聞紙面では、他の地域の電力会社が、「現在の津波の高さの想定が、今回の東北地方での津波より低いので基準を変更して、万全を期したい」と述べたことを取り上げています。

これを読んで一層、電力会社への不安が募りました。津波の高さの問題だけではないのです。地震のエネルギーも当然考慮しなければなりません。

現在の原子力発電所の危険に対する対策の根本的な欠落は、実際の緊急事態の訓練を実際の環境下で実施していないことです。

なんらかのテストは繰り返していると思います。しかしその条件設定は、炉心の溶融や燃料棒の露出以前の条件だと思われます。まずそんな状態にはならないとの前提で、その前の段階で食い止められるかどうか、その時に稼動すべき設備が動くかどうか程度のテストではないかと思われます。

 本来実施すべきは、燃料棒を露出させ、炉心を溶融させて、どんな対策・手法で完璧に危険な状態を除外できるかを運転開始前にテストするべきだったのです。

しかしながら、そんな危険なテストができるわけがない、そんなことをすると周囲の住民が被爆してしまうと考え実施していないのでしょう。

しかしながら、そういう事態が発生しています。現状は対策の方法もわからず、手探りで考えられることを都度実施している状況です。当然でしょうテストしていないのですから。

 地震のプレート上にたくさんの原子力発電所が建設されている日本。悪いことは言わないので、今稼動中の原発も、徐々に稼動を落とし、火力や水力、あるいは他の発電方式に切り替え、最終的に原発は凍結すべきだと思います。

実際欧州の諸国は、脱原発で動いています。

2011年3月14日 (月)

原子力発電所

福島の原子力発電所の状況報告をみていると情けなくなってきます。

「ベントは〇〇です。数値が〇〇です、以上」

これでは何がどうで、どういう状況だから、近隣住民は何をすればよいのか、今現在、これをこういうレベルに下げたい、手段はいくつかある、その中のこういう手段を取っており、結果として数値がどうなったなど人を納得させる説明ができていないのです。

勉強嫌いな学生の理科の実験レポートよろしく、ただ結果の数値が記載しているだけ、と同じです。むづかしいことを分かりやすい言葉で説明するのがプロです。

 今回の全てのトラブルは「想定外の激震があったから」という理由に基づいています。

 災害を予想しての安全設計に対して、それをはるかにオーバーした状況が発生する可能性があるなら(実際に発生したのですが)、最初から原子力発電所は作ってはいけないことになります。

 爆発の可能性、被爆の可能性に対して、近隣住民に、状況が変化するたびにあちこち動いて避難しろというのは、無理難題です。

 当初はそんなことは起きないからと住民を説得し、安全性を謳って推進したはずです。

今後原子力発電所を継続させるなら、マグニチュード20の激震に耐えられる設備を設計し、必ずその状況下でテストを実施し(自家発電機の動作は当然)、設計の妥当性を確認することが必要だと判断します。

 今現在の原発は、あらゆる災害環境を想定すると、なんの手段も持たない民間人が家の中でティラノサウルスを飼うのとおなじレベルだと思います。

トラブルが発生すると、遠隔操作が無理な作業も出てきます。炉心に近づき、被爆や爆発のリスクを負いながらの作業は、家の人がオリの中のティラノサウルスに竹やりを向けながら、恐竜の頭突きによってへし折れたオリの天井部分の細い鉄格子を修理するようなものです。

原発停止による電力不足が理由で計画停電が必要なら、電力会社はそれによる企業への利益損失の補填も考えなければならないでしょう。今回は激甚災害へのご協力で動いていますが。

今後のことはトータルで考えるべきだと思います。

数万人単位

東北沖地震、不明者も避難者も数万人単位です。

仮設住宅の手配、予定地の選定など、これから大掛かりな仕事が待っています。

跡形もなくなった住みなれた土地はもう住めないのでしょうか。

 もうそこには住みたくないという気持もあるかもしれません。

これからが本当に日本の底力が問われます。企業がどんどん協力し始めています。

 私も何らかの形で尽力したいと思います。

 関東地方の方々、定時の停電の協力、本当に不便でしょうが4月末までしばらくご協力をお願いいたします。

 

2011年3月11日 (金)

帰宅困難者のみなさん

首都圏で帰宅できない方。一晩明ければ交通は復旧します。

バスで帰ることは殆ど不可能です。何時間も立っているだけで体力消耗が激しくなります。

今夜は、職場、安全な建物、学校、駅構内、地下階段、安全で大きな施設に、身を寄せてください。

座りましょう、なるべく体を寄せ合って暖をとってください。道路が何とかなれば、明日には帰宅できます。

水、食料も明日にはきっと配給されます。

今夜はじっとしましょう。携帯は真夜中は通じるかもしれません。持ってらっしゃらない方は。借りましょう。皆さんで助け合ってください。

阪神淡路大震災では午前3時頃通じました。

東京で整然と列をなしている方々に、日本国市民の模範としての気位を感じます。

 今夜は安全を確保してください。朝は必ず来ますから。

以上がお願いです。

コント55号の世界は笑う

いなくなって、初めてその面白さを実感したひと。坂上二郎さん。

小学校の5年だったか、こんな低俗な番組は見てはいけません、と言われたテレビ。

それはコント55号の野球拳。

野球拳といえば宴会の席で興ののった客が、芸者さんに促されて、えっちらおっちら、踊りながら最後にジャンケンで勝負。負けたほうが、服を1まいづつ脱いでいくという遊び。

これを当時、破竹の勢いだったキンちゃんジロさんが、派手なアクションでブラウン管の中でやったものだから、耳目を集めたものです。

二人のコントはどつき、とび蹴り、激しい動きでカメラマンは苦労したそうです。基本的なパターンはキンちゃんによる、ジローさんへの徹底的ないびり。

あのころ、日本は元気で、コント55号の勢いよろしく、どんどん成長していったものです。

 あのスタイルを踏襲したコントグループは、ドリフなきあと現在ではいません。

 今から20年前にも、同僚と飲みながら、あのころのコント55号はおもしろかったよなあ、と話し合ったことを思い出します。

ジローさん76歳。やすらかにお眠りください。ありがとうございました。

2011年3月10日 (木)

ゆすりの名人はどっちかな

メーさんが沖縄県民を愚弄しました。どうやら基地受け入れを我慢していることで、日本政府をゆすってお金を巻き上げていると、言いたかったのでしょう。

 でも正直に言ってゆすりの名人はアメリカ政府の専売特許です。

莫大な利益を上げているトヨタから、お金を巻き上げようと、言いがかりに近い捏造(つぎはぎの)フィルムを上映し、「アナタのとこのクルマはエンジンがイジョーになり、キケーンですから、騒がせた罰金をアメリカ陸運局にハライナサーイ」とか言って、莫大なお金をまきあげました。何に使ったのでしょうか。

「ユーの国を守ってやるから、在日の米軍基地にかかるお金は、全部ユーのとこがダシナサーイ、そうそう全部ユーの国のゼイキンデース」

「次のわが国のセントーキを2機、〇〇兆円で買え、いやなら守ってヤラナーイ、ハヤクゼイキンダセー」

ゆすり、たかりの親分はメエさんとこの国じゃありませんか。頭の中の交通整理がデキテナイヨウデース。

 なんかもう税金ハライたくないのデース。

オリジナル真空管の匂い

米国製の球を買う。製造年代は1960年代。

その間使われることなく、ずっと箱の中でねむっていた真空管。

何十年かの時をへて、久しぶりに蓋があけられ、外に出る。

 あたらしい主人が指でつかみ、ぐいと覗き込む。

このときの真空管が放つ匂をご存知ですか。ホコリっぽいような、酸っぱいような、それでいてなんともいえない香りがするのです。

とくにGE社の球は酸味がややきつい印象です。

 わたしはこの匂いが大好き。

製造工程からでて、箱につめられた時点でこの匂いになるのでしょうか。それとも長い年月の間に保管されていた倉庫の匂いがうつったのでしょうか。

 使う前は必ず、きれいに拭いてやるので匂いは取れてしまいます。

ずっとそのままの匂いでおいておきたいけれど、汚れたままではかわいそうだし。

2011年3月 9日 (水)

辛口ですかね

ブログを運用しているとやはりアクセスが気になります。

たくさん読んでいただきたいので、訪問者の方がどんな言葉やフレーズで検索されているかを、ときどき見ます。

アルテック関連の検索ワードが多いのと、アルミケース製作、測定器製作関連と続きます。

記事のタイトルとズバリ一致しているのが「好きな人と結婚する方法」という検索ワードです。

この記事は今でもコンスタントにアクセスいただいています。

それから意外なのは「トニーの辛口ブログ」と言うワードもありました。

 私の言ってることは、辛口なのでしょうか。常識の範囲だと自分では思っているのですが、一般の方からするとそう、映るのかもしれません。

 過去著名な漫画家の方が、著作権の侵害で歌手の方を訴えたことがあります。私はその件で、漫画家の方も自身の作品タイトルを、過去の作家の小節の題名から取っているではないか、と書きました。その後ふと思いついて、その件を調べたら、作家の家族の方から承諾を得ていることがわかりました。

わたしはそのことをブログに書いて謝罪し、記事を削除いたしました。

それから、本に関する感想を書いたら著者の方から、連絡メールがきました。こういう目的で出版したのですよ、と。

 著者の方の意見も公表した方が公平だと判断しますので、「2010.7.20理解しながら作るヘッドホンアンプ」の私の記事に対する、著者の方のメールを記します。

「お買い上げ、まことにありがとうございます。

OPアンプ版、ネット上ではバイアスを無視した回路や電源Cの容量考えていない回路があまりに多いので、OPアンプでやるならこれくらいは手当てしてください、というくらいの気持ちで章を追加しました。音は、まあまあです。」

そう、ぺるけさんからでした。皆さんもお買い上げください。とても参考になるところが多い本です。

まあ、いろんなことがありますが、まだ続けたいと思います。

2011年3月 8日 (火)

真空管アンプのバイブル

オークションで欧州直熱管を落札した。米国WE300Bにも劣らないビンテージ品。

巷間の球屋さんで売ってる値段の3割弱程度の落札価格だった。

本棚から、3年ぶりくらいに「復刻版 魅惑の真空管アンプその歴史、設計、製作 上巻」を取り出してその球を使った製作記事を開いて読んでみた。

巻末に座談会が収録されている。東京中野の料亭で、1972年2月に行われた会合。

伊藤喜多男さんや著者の浅野勇さんが名調子でしゃべるしゃべる。伊藤さんなんか、直前の人の発言を無視して持論を展開。

また現在では「管球王国」の重鎮となっている、新忠篤さんが若者として参加。遠慮がちで発言も少ない。

23年前にこの本を買ったときに、この座談会での伊藤さんや浅野さんの発言が半分も理解できませんでした。

 いまや50代前半となった私には、全ての話題、先達の心のありようがようく分かります。

おもしろいのは39年前のこの席で、伊藤さんが「今の若いものは自分でつくろうともせず、あてがいぶちのものを買って来てすませてる。それじゃダメなんだって」とおっしゃっています。

いつの世も「今の若いものは」という意見は使われるものです。

 この本はいつまでも私のバイブルです。最近は電子書籍として再発売されているようです。

ずっと本で持っていたいな。

京都大学よ、おまえは死んだのか

件のカンニング入試の件で警察が大学から操作依頼をうけ、学内に立ち入ったことで、茂木健一郎さんが、ツィッターに「京都大学よおまえは死んだ」と書いたそうです。

 理由は「京大の被害届提出は自由な学風の伝統を踏みにじるものだ」からとのことです。

私は茂木さんに普段共感するところが多いのですが、今回だけは意見が違います。

大学の自治に警察が介入したということが、自由な学風の伝統を踏みにじる理由になるでしょうか。

 私は「自由な学風の伝統」を享受できるのは、正々堂々と入学試験を突破した者のみだと考えています。

姑息な手段でそれを享受しようとするものは、捕まえられてもやむなしと思います。

その手段もネットを利用する形であり、これが逮捕されずに「厳重注意、試験は不合格」で済ませると、来年からはもっと手の込んだことを考える者が出てはこないでしょうか。

京大に逮捕の件でクレームと思しき電話が250件もあったと報道されています。250件は多いですか。私はたった250件なのかと思っています。逮捕が妥当だとの無言の意見の持ち主は多大だと思います。

 人が人を殺してはいけないのと同様に、大学入試ではカンニングはしてはいけないのです。

後に社会全体に与える影響を考慮すれば、この逮捕は妥当であると思います。

 それから、大学自治の件に関して言えば、私自身学生時代、自治会に参加していましたし、学費値上げ反対のストライキにも積極参加した経験があります。

今現在、学内にいる者、学校関係者、母校愛を保持されている方々には「自由な学風の伝統」は最優先されるべきものであるかもしれません。

 私も学生であったらそう考えたと思います。悲しいかな現在は大学よりも社会のありようのほうを優先的に考えてしまうのです。大学は社会の一部であると。

 意見を戦わせても、どちらが正しいかの結論は当然でないでしょう。ただ私のような考えを持っている者の意見も聞いて欲しかったのです。

2011年3月 6日 (日)

どっちのレイアウトがベターかな

PPモノラルアンプ。横型(写真上)と縦型(下)。

Img_1550

Img_1549

横型のメリットは見た目の安定感。SWとパイロットランプのみを前面にとりつけ、後のものは全て背面にすると落ち着きます。浅野勇さんのアンプみたいです。但しデメリットは横方向の幅をとること。このシャーシは300×200で考えています。よこは2台並べると600mmとなります。

縦型も同様にSWとランプのみ前面にすると、とても収まりよく、2台並べても400mm。ただし見た目落ち着きません。アメリカのアンプによくあるレイアウトです。わびさびを知らない国のレイアウト。しかもこれだと、製作中や調整中にシャーシをひっくり返したときに、安定しないのです。球が床にあたって割れそう。

さてどうしたものでしょうか。一旦どちらかに決めたら、何十年とそのデザインでいくことを考えると悩みます。でもこうやって悩んでいるときが一番楽しいのです。

アルテックグリーンに見えますか。

昨日3月5日は快晴で気温も高く、塗装にもってこいの日でした。

OPTとPTを先日ご紹介したスプレーで塗装してみました。

ヤフオクで買えば、アルテックグリーンのスプレーは3500円。それに対し使ったスプレーは国内汎用タイプの540円のもの。

 今回苦労したのは、塗料をケチろうと、至近距離から吹きかけたのですが、気泡が発生し塗膜表面に泡がついてしまいました。

 この対策は、あわてずに乾くまで待って、布とアルコールで泡の部分をよく拭いて、表面を平らに均一にすることです。そしてまた上からスプレーすると、何事もなかったかのようにきれいになります。

Img_1546

OPTの巻き線部分を、広告紙とガムテープでマスキングします。

Img_1548

そしてこれが、塗装完了のOPTとPT。真ん中のチョークコイルは未塗装。

すこし明るすぎるかなと思ったのですが、経時変化による色の落ち着きを考えるとまあまあかなと。

皆さんは塗装してすぐの色と1年後、2年後の色を比較されたことがありますか。どんどん落ち着いてくるものなのです。汚れてくすむという説もありますが。

 このOPTを見てるとなんだか、アルテックの802Dドライバーに見えてくるから不思議です。私のひとりよがりかもしれませんが。

人に見せるわけでもありません。シャーシもこの色で全面アルテックグリーンを考えています。

なにしろ、このハットオーディオのHO90-5のOPTははずせません。ウィリアムソンアンプを組み立てるには、特性のよい、安定した動作のOPTが必要だからです。

2011年3月 4日 (金)

花の咲き始めの頃に

朝夕、家にいるときは努めて犬の散歩をかってでる。かってでると言うと聞こえはいいが、家族は当然私の仕事だと考えている。

 私が飼おうといいだしたのだから、仕方がない。

散歩の主人公は柴犬のメスだが、当初1歳に満たないころは、散歩にならなかった。

あっちうろうろ、こっちうろうろ。やってることは匂いを嗅ぎまわること、他の犬と出くわすと飛びついて遊ぼうとすること。そのたびにリードを引っ張り大変だった。

この3月末で2歳になる。散歩は以前より前向きに歩くようになったが、いまだに途中のにおい嗅ぎや飛びつきは治まらない。

 散歩でよく出会う、ジョンという犬がいる。ジョンはシベリアンハスキーのミックスで大きなオス犬だ。ひっぱってるご主人は60代の男性。近所ではジョンのおじさんで通っている。

自動車の整備、販売を個人で営んでいる方でいつもツナギを着ている。昨年末まではジョンと毎日のように公園で合って一緒に遊んでいた。回りに誰もいないと、互いにリードを放してやる。

5分くらいずっと一緒に、走ったり、じゃれあったり遊んでいた。うちの犬はあきらかにジョンが好きだった。

 年が明けるとぱったりジョンと会わなくなった。2月末までまるまる2ヶ月間会えなかった。

おじさんとジョンの身を案じた。怪我をされたのだろうか、ジョンが骨折でもしたのかなと。

うちの犬は公園に入ると、ジョンの匂いを捜している。ジョンがこないかと、ずっと寝そべって待っている。

Img_1543

 いつもジョンは来ないので、「もう行くぞ」と引っ張ると悲しそうな顔をして、とぼとぼと公園を出る。

 ある日散歩仲間の他の犬のご主人から、ジョンのことを聞いた。

 おじさんたちは、朝早くから散歩しているとのこと。早ければ6時台から行動しているらしい。ほっと安堵した。元気なんだと。

 どうやら時間帯が変わったようだ。それならと夕方遅くでかけてみた。

 公園で待っていると、なんと向こうからジョンが。

うちの犬は、極度に嬉しいときにやるように、ブルブル体を震わせて、地べたに伏せてジョンが来るのをいまかいまかと待っている。

おじさんもニコニコしている。

 ジョンが近づき、リードを放してやると勢いよく飛びついた。と、ジョンは嫌がって体をそらしたのだ。うちの子は何度も何度も飛びつくが、ジョンは嫌がって体をそらすの繰り返し。

 おじさんがポツリと「せわしがってしもうて。どんな犬が遊ぼうとしても、もう遊ぼうとせんのです。今は仕事が忙しくて散歩も早朝、夜も下手をすると9時頃です」と。

ははあ、ジョンはこの2ヶ月で成長したのだなあと。うちの犬より半年くらい年上だったジョン。一足先に大人になってしまったのだ。

うちの犬は一向に遊んでくれないジョンに、寝そべってクーンクーンと鳴いている。

おじさんは「ごめんなあ、お前もはやく落ち着け。そしたらまた遊ぼう」と顔をなでてくれた。

 しばらくしてジョンたちは行ってしまった。

かくして失恋してしまったうちの犬。公園には梅の小さな花が白や赤に咲き始めている。

ここ太宰府の地もやがて桜が咲き始めるのだろう。

 夏が来る前にうちの子が大人になってまたジョンに会えるのだろうか。

2011年3月 3日 (木)

携帯不正受験

京都大学などで、携帯電話を使って、入試問の回答を外部に依頼する、という不正を働いた受験生が現在取調べを受けています。

 携帯使用者のIPアドレスが、完全にプロバイダーに管理されているため、個人の特定なんか容易なことです。

そんなことも想像できない人間が京都大学を受けること自体間違っています。

 現在はなんでもネットで教えてもらえます。確かに便利です。辞書を引かなくても、本を開けて捜さなくても、ネットで質問すれば、誰かが回答してくれます。

またこの回答者が自分の回答が数ある回答の中で「ベストアンサー」に選ばれると特典があるとのことで、一生懸命教えてくれてるようです。

 うちの息子も、分からない漢字をすぐに聞いてきます。辞書で調べろといつも言っているのですが。

自分で苦労しないと身につかないものです。逆に手間隙かけた苦労こそが知識になります。それを放棄すると人間成長しません。

もしこの受験生が、仮にまんまと不正で合格しても、今後とも人生の節目ごとに、ネッにアクセスしてお世話になるのでしょうか。

 大学での定期考査、入社試験、国家資格試験、はてはお見合いの場でネットに、「こんな女性ですがお付き合いを進めていいものでしょうか」と。

2011年3月 2日 (水)

アルミケースの自作法④実践編最終回

今回は4本の支柱を加工して終わりです。

1.まずL型アングル、15mm・15mm・ t=1.6を4本切り出し、同じ長さに仕上げます。このときの注意点は長さをケースの内側の高さからわずかに短くすること。またヤスリでアングルの両端を4本束ねて、片側ずつ仕上げる。このとき端面が直線になるように注意をする。

これが結構むずかしく、直線が曲線になりがちです。まあ程度問題です。

Img_1510

2.次は支柱をケースにあてがい、穴あけ位置を決めること。

Img_1530

Img_1528

4.次はケース側に大きくφ4で逃がし穴を開けるのと、次はその位置にL型支柱にφ3のネジを切ることです。

 ここでの注意点は、ケースの穴を先にあけ、支柱を固定し、ケースの穴のセンター位置に鉛筆で支柱のほうにマークをつけるということ。つまり、ケース穴を基準に支柱の穴をあわせるわけです。

これを、ケースも支柱も別々にケガいて、穴も別々に加工して、いざ組んでみると、2つの穴のセンターがずれてしまって、どうにもならないということが起こる可能性があります。

ここから先は、申し訳ありませんが、2010年4月8日のアルミケースの自作方法の記事を参考にお願いします。

またネジの切り方は、2008年10月5日に記事を書いていますので、こちらを参照ください。

塗装スプレーの色の確認方法

昨日アルテックグリーンの塗料のお話をしました。

今日はその追加情報ですが、店頭で塗料を選ぶとき、スプレーの頭にキャップがかぶせてあります。

このキャップは当然、塗料の色とあわせてありますが、プラスティック樹脂で成形しているため、結構光沢があります。場合によりテカテカしていることも。

 しかしながら、実際の色見本は缶の下の辺りに貼ってある、丸いシールです。このシール内に色をあらわす文字が記載してあります。

このシールの色こそが塗装色なので、選定の場合はこちらを参考にご判断をお願いします。

Img_1527

2011年3月 1日 (火)

アルテックグリーン

先日OPTを塗装しました。目論見としてはトライアッドのOPTの灰色合わせカバーを意識したのです。

Img_1521_2

ついでに、他のタムラ製の電源トランスやチョークコイルもこの色で統一しようと考えました。が、ここでちょっとまたアイデアが浮かびました。アルテックのアンプ340なんかは全面アルテックグリーンです。シャーシもトランス類も。これが素敵なのです。

 急遽方針変更。灰色はやめて、アルテックグリーンでいくことにしました。ただしこのアルテックグリーンの塗料に近い物が地元のホームセンターにあるかどうか。アルテックグリーンはブルーイッシュグリーンと言って、通常の緑ではなく、青が混ざっています。見ようによっては青に見えます。

そこで、近所のホームセンター3箇所をまわって、一番それらしいものを見つけてきました。というかこれしかありませんでした。

Img_1522

これです。大日本塗料のサンデーペイント「ブルーグリーン」というスプレー。

以前作ったアンプのパネルもアルテックを意識して塗装しましたが、これはモスグリーン。

Img_1525

本家のアルテック511Bホーンと比較してみました。このホーンの表面もかなりくたびれて光沢がうせていますが、新品当時は光っていたに違いありません、なかなか近いのです。えっ、無理があるって?

Img_1524

トランスの灰色とブルーグリーン。この画面ではあまり違わないかもしれませんが、実物はかなりスプレーの方が緑がつよい印象です。

Img_1526

天気が回復したら、全トランス類をアルテック色にします。そしてそのトランスたちで作るのは、モノブロック構成の300BPPウィリアムソンアンプです。

これでしばらくパワーアンプは終わる予定です。その前にプリアンプがあるのですが。やれやれ。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ