« 矢沢永吉と宇崎竜童 | トップページ | 中国製機器の弱点リストアップ »

2011年2月12日 (土)

無縁社会

2011.2.12、朝NHKで「無縁社会」という番組を見た。

内容は、会社からリストラされたり、派遣切りにあったり、あるいは、家庭の事情で、親元を離れて一人暮らしを余儀なくされ、社会での居場所や、接点をなくした一人暮らしの方々をルポルタージュしたものでした。

結果としては働きたくても職がない、あるいは、体を壊して働けない方々の孤独な日常と、

そうした方々を支援するNPO法人に関する内容でした。

たったひとりで相談する相手もなく、自殺を考えた方たち。

 このような番組を見るたびに思うのは、メディアは結果としての現象は放映するが、もっと前に遡って、なぜこういう現象が起きたか。誰が何をしてこういう現象が生じたかを殆ど取り上げないということ。

派遣切りでひどい目にあっている人達がなぜ生じたかは報道しないのです。 

 明確に言えば、時の小泉総理が、米国の要求に従って、派遣法を製造業にまで適用しようと法改正したことが原因です。しかも時の国会でこの法改正に反対したのは日本共産党だけで、他の政党は社民等も含めすべてが賛成したこと。

 メディアはこの過ちこそを放映すべきだと思うのです。そうしないと国民が政治に関する、正しい判断知識や情報が提供されません。

アメリカでは当然だと思うのですが、ブッシュ元大統領が訴えられるとの報道がなされました。当然でしょう。アメリカ国民の命より自分のパトロンである軍需産業の企業を大事にした罪です。

私は、なぜ小泉元総理が訴えられないのか不思議でたまりません。やっと当時の小泉氏の取り巻きだった経済学者らが訴えられそうな動きが起こっている程度です。

メディアはもっと本来の仕事をすべきです。くだらないニュースや番組を流すくらいなら、省エネのために放送を止めておいてもいいと思います。

« 矢沢永吉と宇崎竜童 | トップページ | 中国製機器の弱点リストアップ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

トニーさん。はじめまして。
おっしゃることごもっともだと
痛感いたします。
NHKの放映はいつも他人事の
視点ですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/38842270

この記事へのトラックバック一覧です: 無縁社会:

« 矢沢永吉と宇崎竜童 | トップページ | 中国製機器の弱点リストアップ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ