« 国際法と尖閣諸島の領有権 | トップページ | レコードは音がいい? »

2010年9月27日 (月)

「日系企業の中国撤退 については、

中国からの圧力を鑑みて、そろそろ国会で討論する必要があるかもしれない」

と、菅首相が対外的に発言してもよい時期ではないだろうか。

「今までさんざん中国に貸していた円借款もそろそろ返してもらう次期だ」

これも公に発言していいのではないだろうか。ボデーブロー一発が必要だね。

腰抜けお人よし政治家は、日本に要らない。合法的に堂々とやればいいのだから。

« 国際法と尖閣諸島の領有権 | トップページ | レコードは音がいい? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/36960489

この記事へのトラックバック一覧です: 「日系企業の中国撤退 については、:

« 国際法と尖閣諸島の領有権 | トップページ | レコードは音がいい? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ