« 2週間ぶりにアンプのSWを入れました。 | トップページ | そんなに絞っていては »

2010年9月11日 (土)

村木元局長無罪と国力の低下

厚労省の村木元局長に無罪判決が出ました。やってもいないことで書き綴られた大阪特捜部地検の調書がことごとく信用できないと判断されました。

 要は地検が自分たちでストーリーを作り、それを取り調べ中に、なんとか被疑者に認めさせて犯罪を立件しようとしたのですが、目論見が失敗した形です。

 もともとの言いだしっぺの民主党の石井一議員が、いついつ誰に依頼した、とされている調書に対し、石井議員はその日は他の用事で出かけており、アリバイがあったとのこと。

 アリバイさえも調べていないという、お粗末さです。

この特捜部の動きをみて感じるのは、彼らは仕事に対して手を抜いているということ。

ひとつずつ確実に確認してすすめることを放棄して、結果だけを出そうという姿勢。調書とインスタントラーメンを同じに考えているようです。

実はこれは地検に限らず、近年はどの分野でも見受けられます。効率化と成果を求められるあまり、基本的なことをおろそかにする。

 あまりに浅いメディアの取材。つくりごとで構成された放送番組。受注欲しさにデータを捏造する企業。

 これらが日本の国力を低下させています。まじめにやることが軽蔑される昨今の風潮。

しかしながらしっかり、まじめにやること。これが日本復活の鍵だと思うのです。かつての日本はそういう国でした。

« 2週間ぶりにアンプのSWを入れました。 | トップページ | そんなに絞っていては »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/36683440

この記事へのトラックバック一覧です: 村木元局長無罪と国力の低下:

« 2週間ぶりにアンプのSWを入れました。 | トップページ | そんなに絞っていては »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ