« そんなに絞っていては | トップページ | 芥川龍之介 »

2010年9月22日 (水)

消毒

驚きました大阪地検。いやあ誰を信じていいか分からない時代にいよいよ日本は突入したようです。

これからは「検察をみれば泥棒と思え」でしょう。

以前の書き込みでも、まだ私は証拠の改ざんまでは想像していませんでした。

犯罪立件のために犯罪を犯すのですから、空恐ろしい世の中になったものです。

 さて、今回逮捕の罪状は「証拠隠滅」で2年以下の懲役?でしたっけ。これもこの罪を適用するのは、おかしいことがわかります。

「証拠隠滅」というのは本来、被疑者が自分の罪が立件されないように、証拠を隠すことに適用されるものです。

しかし彼の検事は、他人を罪人に仕立て上げるために、邪魔な証拠を改ざんした訳ですから、この罪状での適用は筋が違っています。いかに検察があわてて彼を逮捕したかがわかります。

 そして疑わしきは大阪地検です。一人逮捕者が出ました。彼は出世競争のために、とにかく証拠を改ざんしてでも冤罪を成立させたかったわけです。

 ここで冷静に考えればわかることですが、出世競争に参加している第二、第三の彼が、大阪地検にまだ複数いることは容易に想像できます。

 ましてや、彼が逮捕されるまだ前の段階で、「私は証拠を改ざんしたかもしれない」という報告を上司が彼から受けているにもかかわらず、上司たちは何も動かなかったという事実があります。

これらから類推されることは、ゴキブリと同じで一匹発見されたらその背後に30匹は同じような人物が存在するということ。

大阪地検は、今現在非常に信用できない組織になっているということ。今まで大阪地検が立件してきた事件をすべてもういちどチェックすべきでしょう。冤罪は0なのでしょうか。

 さて今後はどうすればよいか。大阪地検の現在のスタッフは総辞職が妥当です。そしていれものを十分に消毒したあと、純粋培養で育てた真っ白なスタッフを箱から出して、大阪地検の建物にそっと入れて、もう一度最初からやり直すのです。

これをやってくれなきゃ、最高検事さん。国民の信用は回復できませんよ。期待していますよ。

それとも相撲協会のようになあなあの、なしくずしで処理しますか。

« そんなに絞っていては | トップページ | 芥川龍之介 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/36875087

この記事へのトラックバック一覧です: 消毒:

« そんなに絞っていては | トップページ | 芥川龍之介 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ