« 素人は決めた人しか視野にない | トップページ | オーディオ用発振器の製作構想 »

2010年6月17日 (木)

そして相撲協会の今後

賭博に暴力団のニュース。

何年か前から、弟子へのリンチ殺人、八百長、大麻渦、横綱の品格欠如引退と問題続きでした。国営放送も放映中はこれらの問題については何もしゃべりませんでした。

ここに来て賭博の問題が表面化。しかしながらこれは以前から生活の一部だったようです。

 協会や理事会に自浄作用がないことは、とうの昔からわかっていたこと。ただただ、時間が過ぎて世間が問題を忘れてくれるのを待つという方法でしのいできました。

江戸時代から続く国技であるから、特別に国が補助を出して面倒をみていこうと、公益法人として運用されてきています。

 国内の環境が変わり、法令順守が当然のことになり、企業、組織はすべて、いまやコンプライアンス重視になっています。

 しかしながら体質は何も変わっていない、あるいは変えなければならないことさえ認識していない相撲協会。

 何も知らない少年が東京につれてこられて、強ければ給料がたくさんもらえ、タニマチからチヤホヤされるこの世界。世間のことが分からないのも無理もないかもしれません。今の親方衆や理事会のメンバーもそうかもしれません。

 結論。賭博も、暴力団との付き合いもいままでどおりやってよし。土俵を盛り上げる為に八百長もよし。

 ただし、公益法人をやめること。株式会社日本相撲協会とすること。K1と同じく、プロスポーツ興業団体になってもらうこと。

 国技を国技の品格から貶めたのは他ならぬ相撲協会自身です。

政府と文科省は今月中にこの決定をして通告することが妥当でしょう。

« 素人は決めた人しか視野にない | トップページ | オーディオ用発振器の製作構想 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/35321659

この記事へのトラックバック一覧です: そして相撲協会の今後:

« 素人は決めた人しか視野にない | トップページ | オーディオ用発振器の製作構想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ