« クルクルポーンで: サッカーW杯 | トップページ | 素人は決めた人しか視野にない »

2010年6月16日 (水)

過労死とアダルトサイト

ニュースで過労死した社員が、出張先のホテルで、アダルトサイトをネットで見ていたとの報道。

家族から訴えられた、被告(会社)側が過労死ではなく、社員は自ら寝不足を招いていたのではないか、その証拠としてサイトの写真を裁判の場で公開しようとした。

しかしその写真自体を公開しても、その中身に重要性はなく、また家族の気持を考えると適切でないかも知れないと判断して、公開を中止したらしい。

 この案件で思うことは、

①「寝不足が続くと、過労になるかもしれない」という可能性も確かにある。

しかし、

②「本当に過労死しそうになると、アダルトサイトよりも睡眠を確保する方に人間は動く」

この可能性も高い。

 さらには、

③「仕事に長時間拘束されると、逃避の気持から、仕事とは無関係のアダルトサイトや他の娯楽にアクセスしてしまう。見るわけでもなく画面をつけっぱなしで寝込んでしまう」という可能性も高い。

 裁判は真実を検証していくことに尽きる。であれば正味のホテル滞在時間(アダルトサイトアクセス時間)とそれ以外の就業時間、残業時間のこの1年間のデータどりと分析。

 客観的証拠から、真実は見えてくるはずだ。

« クルクルポーンで: サッカーW杯 | トップページ | 素人は決めた人しか視野にない »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/35292216

この記事へのトラックバック一覧です: 過労死とアダルトサイト:

« クルクルポーンで: サッカーW杯 | トップページ | 素人は決めた人しか視野にない »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ