« トランスを角型ケースに入れてみました | トップページ | ベルトドライブプレーヤーとアイドラードライブプレーヤー »

2009年12月 3日 (木)

アーティストの気持ち

大もうけしているアーティスト、自分のペースで活動しているアーティストさまざまです。

率直に言って、いつもいつも大衆に打って出て、評価と成果を得ているアーティストは、商売人の部類にはいるかもしれません。才能の切り売り、小出し方法がうまいのでしょう。類似品丸出しでも鑑賞眼のない大衆は喜ぶのですから。

大衆は身勝手です。「お前の曲を聴きたいんだから、もっとアルバム出せよ」「前回発表の絵はすごく気にいったの。だからもっともっとスケールの大きいものを描いて欲しいの」

大衆はアーティストを普通の人間と思っていないのです。いつでも才能が使えて、要求どおりに作品が発表できると思っているのです。

こういう状況から悲劇が起きます。アーティストはなんとか期待に応えようと、創作意欲がまるっきり起きない状況なのに、無理やりイメージを起こそうと、覚醒剤に頼ったりします。

賢いアーティストは表に出ている時期と、引っ込んでいる時期を気づかれないようにコントロールしています。

そして、エネルギーがたまって、次なる作品の自発的意欲がでてくる時期までじっとしています。

彼らにとっての一番の敵は、彼らの才能に乗っかって食っていこうと考えている勢力です。それはレコード会社であったり、出版社であったりさまざま。

本来アーティストは彼らのペースで創作活動すべきです。それでいいのです。大衆は、価値ある芸術作品ができるためには、時間がかかることを自覚すべきです。

レストランに行って、すぐ出てくるものはおいしくないのと一緒です。

大衆、企業は待つべきなのです。

« トランスを角型ケースに入れてみました | トップページ | ベルトドライブプレーヤーとアイドラードライブプレーヤー »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/32476049

この記事へのトラックバック一覧です: アーティストの気持ち:

« トランスを角型ケースに入れてみました | トップページ | ベルトドライブプレーヤーとアイドラードライブプレーヤー »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ