« ブッシュ大統領に靴が! | トップページ | 派遣切り頼りの経営者はJBL社ビル・トーマス社長に習え »

2008年12月20日 (土)

たけし自民党から立候補受諾で麻生氏解散決意へ?

18日の夜、嘘か本当かたけしが麻生氏と面談したそうです。邪推ですが次期選挙への自民からの立候補要請かもしれません。政策や実績で国民から愛想をつかされ、残された最後の手段が国民的タレントの人気にすがる構図と言ったところでしょうか。

前回選挙では国民的タレントの役を小泉氏自身が演じましたが、今回は適任者不在で外部委託というかたち。

A:自民党のたけし起用の思惑は

1.世間のオピニオンリーダー的存在である。できればたけし以外のタレントもまとめて立候補させて議席をなるべく多く確保したい。

2.宮崎県知事そのまんま東の師匠であり、たけしにも行動力ありと国民も期待している。

B:しかしながら私の考察

1.たけしは人気があるかも知れないが、タレントとしての賞味期限は過ぎている。26年前テレビに登場したころと、芸風は変わらず、最近のコメントはかわいそうだけど面白くない。あの顔を見てると彼の過去を思い出し心から笑えない。申し訳ないけれど。

2.映画監督としての活動も、海外では表彰されているが、国内では集客が少ない。興行成績が上がらずいきづまり感がある。

3.所属芸能会社は山本モナの事件で金銭的損失が大きく、しょうがなくたけしが気乗りのしないバラエティー番組に意識的に出演しているが、やはり笑えない。

4.たけしは政治家としての行動力はないと判断。そのまんま東は芸能界で仕事が減ったころ、政治家になるべく熱心に勉強していた。大学にも通った。それは誰もが認めるところ。知事になっても、腰を低くしまわりとうまく調整しながら仕事をすすめる能力があった。芸人時代、殿にいじめられ、熱湯につけられてもじっと耐えることを覚えた。

一方たけしは、腰が低くない。難局にぶつかったときにじっと耐えて、考えて実行できるであろうか。結構飽きやすいことは有名である。

やはりたけしは横からちゃちゃを入れて人をからかうのが本来の立場である。ここに彼の生きていく世界がある。

C:結論

たけしは出馬を受けない。自分を知っていれば立候補しないはずである。

もし当選しても(と言うことはこの状況でもタレントに投票するおろかな国民が多いということ)、かつての民主党から出て当選した大橋巨泉氏のように、政治に愛想をつかしやめていくことに、自分も早晩なってしまうことを知っていれば立候補しないはずである。

以上が私の予想です。あなたはどうお考えでしょうか。

« ブッシュ大統領に靴が! | トップページ | 派遣切り頼りの経営者はJBL社ビル・トーマス社長に習え »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/26338885

この記事へのトラックバック一覧です: たけし自民党から立候補受諾で麻生氏解散決意へ?:

« ブッシュ大統領に靴が! | トップページ | 派遣切り頼りの経営者はJBL社ビル・トーマス社長に習え »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ