« 日本人が英会話が苦手なわけ | トップページ | ボクサーの微妙な心理 »

2008年7月29日 (火)

ネットで殺人予告する人達

この最近、有名人をターゲットにしたり、無差別殺人を予告した人が逮捕されています。驚かせようと思ったとか、冗談のつもりだというのが動機だそうです。彼らは10代の少女だったり、30過ぎの大人だったりします。

ただ共通して言えるのは、彼等は頭が悪すぎ、あまりに世間知らずだということです。インタネーットカフェから送信してるから匿名性が確保されていると考えているのかもしれませんが、警察が調べればいとも簡単に追跡可能です。ネットの書き込みもその気になればプロバイダーから通信ログを提出させれば、いつ、誰が、その書き込みをしたかがすぐに分かるのです。学校の裏サイトの書き込みもすぐにバレます。個人情報の保護に関する法律でも、犯罪の捜査の場合は個人情報は公にしてもよいと定義されています。

ネットだけではありません。町中や、建物のエレベータ、お店、高速道路などいたるところに、監視カメラが取り付けられています。悪事を働くと「壁にカメラあり、障子に盗聴器あり」という世の中の状況ですぐに捕まってしまいます。だから、愚かな書き込みをやめて、中身のある書き込みを考えましょう。正論で人を納得させる文章です。これが賢者の選択枝です。

このような状況で一番コワいのは、自分が捕まろうが、命を落とそうが、全然かまわずに、うさばらしで無差別に他人を襲う人の存在です。

世の中、だんだん、自分の置かれた状況に我慢ができない人が、増えつつあるということ。いくら頑張っても、だれからも評価されずに最低の処遇しか与えられないことに、忍耐という言葉がへし折れてしまう人が増えてきていることです。そんな人はたくさんいるんだから、我慢できない奴の個人的責任だと、当初は考えていましたが、ここにきてどうもそうではないようだと考え始めました。世の中の仕組みがおかしくなってきていることも無視できないようです。今の雇用に関する使い捨て状況や、弱者切捨ての社会制度の影響もやはり無視するわけにはいかなくなってきています。

 どうすればよいでしょうか。どうしますか。考えてみましょう。あなたの身内から犯罪者を出さないためにも。私自身も身内が心配です。

« 日本人が英会話が苦手なわけ | トップページ | ボクサーの微妙な心理 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/22642031

この記事へのトラックバック一覧です: ネットで殺人予告する人達:

« 日本人が英会話が苦手なわけ | トップページ | ボクサーの微妙な心理 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ